Statusbrewのソース機能とは?(Twitter)

ソース機能とは?

ソース機能とはオーディエンスセクションにある機能の一つです。ソース機能では、ユーザーを探す際に細やかな指定をし、検索をかけることが出来るのが特徴です。

1. Twitterのプロフィール名: Statusbrewへソースアカウントとして好きなTwitterアカウントを追加できます。この追加するアカウントとして使用するハンドル名は誰でも追加できるのですが、6,000,000人以上のユーザーは追加できません。ご了承くださいませ。インフルエンサーやご自分のターゲットとしているユーザー名を入れさらなるビジネスの拡大化を目指してください。

2. Twitterリスト: 発見や興味の関連分野で最も影響力の強いプロフィールと関係を構築するためには、他のTwitterユーザーが作成した公開リストを追加するのが一番有効的です。例えば、Statusbrewアカウントのリストをソースとして追加し、マーケティング担当者のリストやブロガーを追加することができます。

3. キーワードもしくはハッシュタグ: Twitterにて使われているハッシュタグやキーワードをソースとして追加することができます。Twitterで何が起きているか一目でわかります。

 

 

Twitterソース機能を使いことの利点:

  • 自分の気になっているプロフィールの成長具合を常に監視することが出来ます。

  • 追加したソースと自分のTwitterアカウントを常に照らし合わせてすことが出来ます。

  • フィルターを使い自分のターゲットとしているユーザーを簡単に絞りだせます。

  • 自動タグ付けを利用して、自分のアカウントがどのように成長しているのか簡単に測定できます。


ソースアカウントはプレミアム会員様にのみご利用いただけます。ご購入いただきましたプランに応じて、ソースアカウントを追加することができます。